防水工事の見積のチェックポイント!金額以外に確認しておきたいこと

防水工事の見積のチェックポイント!金額以外に確認しておきたいこと

防水工事の見積額は工事方法によって変化します

ウレタン防水塗装を施した屋上

防水工事の見積金額は、工事の方法によって大きく異なります。比較的安価な方法としては、塩ビやゴムを用いたシート防水があげられますが、これらはいずれも防水性を備えたシートを張り付けるという形で施工されるものです。貼り付けるというシンプルな方法であるため、工期が短くコスト面もコンパクトに収まりますが、一方で、施工箇所が平らでなければ適用できない可能性が高い傾向にあります。このため、施工可能箇所が屋上などに限定されるケースがほとんどです。
一方で、どのような施工箇所にも対応できるのがウレタン防水という手法です。こちらは液体状の防水剤を塗布するという工法であるため、施工箇所が凸凹していても問題なく対応することができるという長所を持ちます。先に述べたシート系の工法と比べるとやや高額となりますが、様々な箇所に防水工事を施すことができるので、選択肢の一つとして憶えておきましょう。
防水工事の見積を依頼する際には、どのような箇所に防水工事を施すのかという点について指定を求められる場合がほとんどです。これは、上記のように施工箇所によって適用できる工法が異なるためなのです。こうした特徴を理解しておけば、見積の比較検討もはかどることでしょう。

TOP